ノンストップでレンコンと鶏の照り焼きの作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ

2021年11月15日放送のノンストップでレンコンと鶏の照り焼きの作り方について紹介されました!

具材を1度揚げてうま味を閉じ込めたジューシーな一品です。
あるもので風味豊かに仕上げる笠原テクニックは必見です。

教えてくれたのは賛否両論のオーナー兼料理人の笠原将弘さんです

本日の笠原流料理のツボは
「具材のうまみを閉じ込めるべし」
です。

Sponsored Links
目次

レンコンと鶏の照り焼きのレシピ

レンコンと鶏の照り焼きの材料(2人分)

  • 鶏モモ肉 200g
  • レンコン 150g
  • 小麦粉 適量

【タレ】

  • 酒 大1
  • しょうゆ 大1
  • みりん 大1
  • 砂糖 大1
  • 粒マスタード 大1

レンコンと鶏の照り焼きの作り方

1)皮をむいたレンコンを沸騰した湯で2分ほど下茹でします。

ポイント いきなり切ると割れることが多いですが下茹ですることで綺麗に切れます。

2)下茹でしたら半月切りにして片栗粉をまぶして、同じく一口大に切って片栗粉をまぶした鶏肉と共に揚げていきます。

ポイント 片栗粉をまぶしてうま味を閉じ込める。タレも絡みやすくなります。

3)タレの材料を全てフライパンに入れて煮立たせます。

笠原の極み
「粒マスタードで風味豊かな照り焼きにすべし」
粒マスタードは辛味が少なくて酸味や香りが強く、加熱すると辛味や酸味がいい具合に飛びうま味が残ります。

4)煮立ったら鶏肉とレンコンを加えて絡めたら完成です。

まとめ

レンコンと鶏の照り焼きについてまとめました!

照り焼きのタレに粒マスタード!
また笠原マジック出ましたね!

「粒マスタードが美味しい。味がどんどん加速する感じ。奥深い!」

と設楽さん。
他みなさん

「粒マスタードの辛さはなくなって甘みと酸味がちょうどよいバランスになってる!」
「普通の照り焼きとはまたちょっと違っておいしい!」

とスタジオでも大好評でした。

笠原さんによると粒マスタードと醤油はとても相性がいいんだとか。
この技はいろいろなレシピに応用できそうですね。

本日の笠原の眼は「レンコンは部位によって使い分けるべし」でした。

根元(細長い)
粘りが強くてもっちり。すりおろして使うとGOOD!
<使用例>
すりおろしレンコンの味噌汁

真ん中(丸くて大きい)
いいとこどりで穴の形もきれい。形を生かした料理に!
<使用例>
挟み焼き

先(丸くて小さい)
やわらかくシャキシャキしている
<使用例>
レンコンのサラダ

スーパーで売られているレンコンもよく見て用途別に買うといいかもしれませんね!
本日も勉強になりました~♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる