ZIP!【見えない空間を有効活用!達人が伝授!死角収納】

2021年8月20日放送のZIP!で見えない空間を有効活用!達人が伝授、死角収納について紹介されました!

みなさんはお片づけはお得意ですか?
うちはリモコンやティッシュなどすぐに行方不明になってしまいます。

今日のZIP!では、家の中の死角を有効活用し、収納力をアップするテクニックが紹介されていました!

「死角を制する者は収納を制する。」

ゴチャゴチャ散らばりがちな物も死角を使えば、簡単に便利に収納出来ちゃいますよ。

教えてくれたのは

  • 整理収納アドバイザー 遠藤亜紀さん
  • 整理収納研究家 米山真央さん

です。

Sponsored Links
目次

見えない空間を有効活用!達人が伝授!死角収納

達人が伝授!死角収納1 ダイニングの死角

テーブルの側面・裏側

マグネットでくっつけて収納

使うのはSeria

  • マグネット用取り付けパネルロング
  • 超強力マグネット2P

パネルをテーブルの側面や裏側に貼り、くっつけたい物にマグネットを貼り付けたら完成。
リモコンやティッシュ、はさみ等マグネットをつければ何でも収納可能になります。

達人が伝授!死角収納2 キッチンの死角

扉の裏

高い位置にある扉の裏側には、ポリ袋排水溝ネットなどの収納がおすすめ
下から引くことで取り出しやすくなります。
ポリ袋の角を切り取り、扉の内側に取り付けたフックにかければ完成。

他にも、見えやすい扉の裏側にはレシピを貼っておいたり、低い位置にある扉の裏側には調理器具や鍋のふたの収納に向いています。

ゴミ箱の後ろ

壁とゴミ箱の間に5㎝隙間をあけ、あえて死角を作りそこに突っ張り棒を通します。
袋に入っていると取りにくいゴミ袋も、袋から出してかけておくことで、簡単に取り出すことが出来ます。
また、ゴミ箱の裏にゴミ袋があることで取り換えも楽ちん。

達人が伝授!死角収納3 リビングの死角

テレビの裏

壁にワイヤーネットをピンで固定。
そこにラックを吊るしてインターネットのルーターコンセントを収納します。
コード類はまとめてフックに吊るせます。
吊るすことによってゴチャゴチャしないので下の掃除がしやすくなります。

まとめ

様々な死角の有効活用をご紹介しました。

ティッシュを机の裏側にくっつけておくのはとてもいいですね!
絶対になくならないし、座ったまま取り出せるしすごく便利だと思いました。

ポリ袋を高い扉の裏側に収納して引き出しやすくするのもとてもいいアイデアだと思います!
料理中でもサっと取り出せて便利ですよね。
さっそくマネしたいと思います。

テレビの裏のワイヤーネットも使いやすそうでした。
なんでも吊るせるのがいいですね。
達人はそこにモップも吊るして、テレビ周りのお掃除もしやすくしていましたよ。

整理収納アドバイザーの遠藤亜紀さんもおっしゃっていましたが、使いやすくないと収納の意味がないですよね。

今回紹介された死角の収納術はどれも使いやすさ抜群で、しかも100均で材料が揃うので、すぐに真似できるところも素晴らしいと思います。

気になった収納術があれば是非試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる