男子ごはんでメカジキとエビのエスカベッシュの作り方を紹介!栗原心平さんのレシピ

2021年7月25日放送の男子ごはんでメカジキとエビのエスカベッシュの作り方について紹介されました!

今日のテーマは「お家で作れる冷たいイタリアン」

簡単なのに本格的な2品のレシピ!
とっても夏っぽくて美味しそうでしたのでご紹介いたします。

教えてくれたのは、番組でおなじみ料理研究家の栗原心平さんです。

Sponsored Links
目次

メカジキとエビのエスカベッシュのレシピ

メカジキとエビのエスカベッシュの材料

  • メカジキ:200g
  • むきエビ:100g
  • 塩:小さじ⅓
  • 黒こしょう:適量
  • 薄力粉:小さじ2
  • かたくり粉:大さじ1
  • 赤・黄パプリカ:各1/2個
  • たまねぎ:小1/2個(100g)
  • 揚げ油:適量
  • ベビーリーフ:適量
  • オリーブオイル:適量

【マリネ液の材料】

  • 白ワインビネガー:100cc
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩:小さじ½
  • 砂糖:大さじ1 ½
  • バジル(みじん切り):5g
  • イタリアンパセリ(みじん切り):3g

メカジキとエビのエスカベッシュの作り方

1)バッドにマリネ液の材料をすべて入れ、よく混ぜておく。
2)パプリカは縦に食べやすく切り、たまねぎは横に薄切り。
4)メカジキは2cm幅に切り、エビは背ワタを取り除く。
5)メカジキとエビに塩こしょうしてもみ込み、薄力粉とかたくり粉をまぶす。
6)180度に熱した油で、まずパプリカを30秒ほど揚げて取り出しておく。
7)メカジキは表面がカリッとするまで揚げ、熱いうちに1)のマリネ液に漬け、上にパプリカをのせる。

ポイント マリネ液の中に、順番に漬け込んでいく。

8)次にエビ。表面がカリッとするまで揚げマリネ液に入れ、その上にスライスたまねぎを広げる。
9)ラップをかけたら、手で押して全体がマリネ液につかるようにして、冷蔵庫で半日冷やす。

ポイント 少ないマリネ液でも、ラップして押せば全体に液がまわります。

10)皿にベビーリーフを飾り、冷えたマリネを盛りつけ、オリーブオイルをかけて完成!

まとめ

メカジキとエビのエスカベッシュについてまとめました!

爽やかな酸味の効いた味に、魚介やパプリカがマッチ。
とっても素敵な一品ができあがりました!

エスカベッシュとは、
油で揚げた白身魚をオイルやビネガーを合わせたマリネ液に漬け込んだ地中海料理
日本でいう南蛮漬けのこと。

なんだかとってもおしゃれですね!

国分さんと心平さん、海の見えるテープルで白ワインとともに試食!

『美味しい~~!優しい酸味!』
『たまねぎの食感が良いですね』

とっても優雅な時間が流れていましたよ。

たまには家庭でイタリアン!
ぜひ材料など参考にして、作ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる