家事ヤロウ!!!【梅雨に必見!!部屋干し洗濯物早く乾かす方法】

2021年5月31日放送の家事ヤロウ!!!で梅雨に必見!!部屋干し洗濯物早く乾かす方法について紹介されました!

梅雨時の洗濯物、昨今部屋干し用の洗剤が色々発売されていますが、それでもやはり少しでも早く乾かしたいと思いませんか?

5アイテムを早く乾かす方法を放送していましたのでまとめてみました。

Sponsored Links
目次

梅雨に必見!

部屋干し洗濯物早く乾かす方法1

バスタオル

ピンチハンガーを利用します。囲み干しします。
バスタオルを横長にし、バスタオルの上辺をピンチで止めます。
ピンチハンガーの横側も使い、上から見たらアルファベットの『』の字のようにします。
すき間を作ることで空気が通るようにするんです。

洗濯物は上から徐々に乾くため縦長の方が時間かかるので、横長に干すこの干し方が、
少しでも早く乾くことに繋がるのですね。

部屋干し洗濯物早く乾かす方法2

Tシャツ

バンザイ干しを番組では提案されていました。
裾を物干しざおに数センチ程度ひっかけ、裾の部分をピンチで止めます。
逆さにバンザイの形になります。
襟が広がらず、脇の部分も風通しがよく最速で乾かす事ができるそうです。

バンザイ干しで画像検索すると出てきますので、干し方の参考になりますよ!

部屋干し洗濯物早く乾かす方法3

パーカー

ハンガーを3本用意します。 真ん中のハンガーに普段のようにパーカーを干します。
前のハンガーに両袖をひっかけます。おばけのように。
後ろのハンガーに洗濯バサミでフードを固定します。

この干し方、その見た目からおばけ干しと呼ばれ、通常は乾きにくい フード・袖・脇もしっかり乾きなおかつ型も崩れません

部屋干し洗濯物早く乾かす方法4

長ズボン

長ズボンを裏返します。洗濯バサミを使い裾から逆さまに吊ります。
重さでシワが伸び、ぴしっとした仕上がりになります。

裏返すことで生地が重なる部分にも風が通ってさらにGood。

部屋干し洗濯物早く乾かす方法5

Yシャツ

肩の部分に厚みのあるハンガーを用意します。
第1ボタンから第3ボタンまでを留めます。
襟をピンと立てます。
襟を立てることで襟元の型崩れを防ぎます

全てのボタンを留めると風通しが悪くなります。
また、全てのボタンを開けると型崩れの原因になります。

まとめ

カズレーザーさんが、襟が立ってるシャツを干してるお宅を見たら「やり手だな」と思ってくださいと、おっしゃっていました。

梅雨時は少しでも乾かない部分が残っていると、干したままにせざるを得ず、次の洗濯物の干す場所も狭くなります。

手間もあると思いますが、気に入った部分だけでも取り入れて、楽ちん快適な家事をしてみませんか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる