ノンストップでサバの照り焼きの作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ

2021年10月11日放送のノンストップでサバの照り焼きの作り方について紹介されました!

煮て良し焼いて良し揚げて良しのサバ。

今日はそんなサバをただの照り焼きではなく、カレーで風味を付けて絶品料理に仕上げていました!

教えてくれたのは賛否両論のオーナー兼料理長の笠原将弘さんです。

本日の笠原流!料理のツボは
「香り豊かな照り焼きにすべし」
です!

Sponsored Links
目次

サバの照り焼きのレシピ

サバの照り焼きの材料(2人分)

  • サバ 2切れ (さんま・いわし・鮭・ぶりでも代用可)
  • 小麦粉 適量

【タレ】

  • 酒 大2
  • みりん 大2
  • しょうゆ 大1と1/4
  • 砂糖 大1/2
  • カレー粉 小1

【付け合わせ】

  • 大根 1/6本
  • 万能ねぎ 2と1/2本
  • 砂糖 小1/2
  • オリーブ油 大1/2
  • 塩 小1/4
  • 粗びき黒コショウ 適量
  • プレーンヨーグルト(無糖) 大2

サバの照り焼きの作り方

1)小骨を取り水気を拭いたサバに小麦粉をまぶします。

ポイント 小麦粉をまぶすことでカリっとした仕上がりになるほか、タレもしっかり絡みます!

2)1を皮目からフライパンで両面焼いていき、カリっと焼きあがったら1度皿に取っておきます。

ポイント 焼き始めだけ上からヘラでおさえてやると、身も反らずきれいな焼き上がりになる!

【付け合わせ】
3)大根は細切りに、ネギは小口切りにします。
4)3に砂糖・オリーブ油・塩コショウ・ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせます。

笠原の極み!
「ヨーグルトで爽やか風味の漬けダレにすべし」
ヨーグルトの爽やかさがパンチのある照り焼きの味をより引き立たせてくれます!

5)フライパンに残った油はふき取り、タレの調味料を加え煮立たせてカレー粉を溶かします。
ポイント!
お肉の脂はうま味ですが魚の脂は臭みの原因に!きれいに拭き取ります。

笠原の極み!
「カレーの風味で食欲を倍増すべし」
サバの臭み消しにもなり一石二鳥!

6)カレー粉が溶けたらサバを戻し入れタレと絡めていきます。
7)付け合わせと共に皿に盛り付けたら完成です。

まとめ

サバの照り焼きについてまとめました!

試食をした濱口さんは

「もっとカレーの味が強いのかと思っていたけどほのかに香って美味しい。」

坂口さんも

「大根とヨーグルトがこんなに合うなんて意外!」

設楽さん

「サバと絡んでうまい!」

とみなさん絶賛でした。

本日の笠原の目は
“サバは漬けて日持ちさせるべし”
でした。

「さばの生き腐れ」ということわざがあるようにサバは傷むのが早いお魚です。
そこで漬け地に漬けておくことで傷みの早いサバを長く保存することが出来るそうです。

漬け地の材料

  • しょうゆ:1
  • 酒:1
  • みりん:1

漬け地の作り方

1)漬け地に鯖を一時間ほど漬けます。
2)取り出して冷蔵庫で3~4日、冷凍庫で2週間ほど保存できます。

さらにこの漬け地に

  • 柚子を加えると「柚庵焼き」
  • 山椒を加えると「山椒焼き」
  • 豆板醤を加えると「ピリ辛焼き」

などにアレンジできるそうですよ。
割合も簡単で覚えておくととっても便利ですね!

『笠原将弘のおかず道場』今日も勉強になりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる