ノンストップで鮭と春菊のチャーハンの作り方を紹介!笠原将弘さんのレシピ

2021年11月22日放送のノンストップで鮭と春菊のチャーハンの作り方について紹介されました!

少し大人な味わいのチャーハン。
特製の鮭フレークでうま味を凝縮させた一品です。

春菊のほろ苦さと香りを存分に味わうための笠原テクニックは要チェックですよ!

教えてくれたのは賛否両論のオーナー兼料理人の笠原将弘さんです

今回の笠原流料理のツボは
「春菊の風味を楽しむべし」
です。

Sponsored Links
目次

鮭と春菊のチャーハンのレシピ

鮭と春菊のチャーハンの材料(2人分)

【鮭フレーク】

  • 鮭切り身 1切れ
  • 酒 大1
  • しょうゆ 大1
  • 砂糖 大1/2
  • 卵 2個
  • 温かいご飯 400g
  • 長ネギ 1/6本
  • 春菊 1/4束
  • 塩コショウ 適量
  • 炒りごま 大½

トッピング

  • 春菊の葉 1/4束分
  • 塩 小¼
  • ニンニク 小¼
  • ごま油 大½

鮭と春菊のチャーハンの作り方

1)鮭の皮目を下にしてスプーンでこそげて身をほぐしていきます。

笠原の極み
「簡単フレークでしっかり味にすべし」
先にフレークにすることで味がしっかり入り臭みも抜けます。
鮭の他にもサバ・タイ・アジで作っても美味しい!

2)サラダ油を熱したフライパンで炒めていきます。
3)鮭フレークの調味料を加えて味がなじむまで炒めて1度取り出しておきます。
4)鮭から出た油をふきとってから、溶き卵を加えて全体に広げます。
5)半熟のうちに温かいご飯を加えて炒め合わせていきます。
6)長葱のみじん切りと鮭フレークを戻し入れてさらに炒め合わせていきます。
7)春菊は茎の部分はみじん切りに、葉の部分はちぎっておいておきます。
8)みじん切りの春菊を加えてさっと炒めたら塩コショウで味を整えます。
9)春菊の葉に塩とニンニク、ごま油を加えて混ぜてトッピングを作ります。

笠原の極み
「ニンニクごま油でパンチをきかせるべし」
チャーハンが鮭フレークのシンプルな味付けのため、トッピングでパンチをもたせます。
春菊のほろ苦さと鮭のうま味が相性抜群

10)お皿にチャーハンを盛り付けトッピングをたっぷりのせ、最後に入りごまをふれば完成です。

まとめ

鮭と春菊のチャーハンについてまとめました!

「美味しい!春菊は鍋以外でもこうやって食べたら美味しいんですね!」
「香りがすごくいい!」
「トッピングが味変して美味しい!」

とスタジオでも大絶賛!

春菊とにんにくで大人のチャーハンって感じですね。

チャーハンにトッピングをしてくるところがさすが笠原さん!
このトッピングはチョレギサラダにして食べても美味しいそうですよ。

鮭フレークも美味しそうですよね。
生の状態から簡単にスプーンでこそげられるなんてしりませんでした。

本日の『笠原の眼』は
「春菊は特製ソースにすべし」
です。

春菊は日持ちのしない食材ですよね。
使いきれない春菊はソースにしておくことで日持ちを伸ばし、様々な料理に活用することが出来るそうですよ。

春菊しょうゆの作り方

1)下茹でして刻んだ春菊に醤油・みりん・サラダ油を各大1加えて混ぜ合わせて冷蔵庫で30分ほど寝かせたら完成です。
※冷蔵庫で1週間日持ちします。

むね肉とあえて副菜にしたり、パスタとあえてジェノベーゼにしたりと様々なお料理に活用でき便利な一品。
笠原さんのお店ではピューレ状にして実際に使っているそうですよ。

本日も勉強になりました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる