ヒルナンデス!で白菜の浅漬け入り餃子の作り方を紹介!塚田亮一さんのレシピ

2021年7月6日放送のヒルナンデス!で白菜の浅漬け入り餃子の作り方について紹介されました!

餃子マニアが伝授!
うまみアップ!絶品餃子の作り方のご紹介です。

美味しい餃子を作るときには、キャベツの代わりに
『白菜の浅漬け』
を使わないともったいない!?

そう教えてくれたのは、東京餃子通信編集長の塚田亮一さんです。

Sponsored Links
目次

白菜の浅漬け入り餃子のレシピ

白菜の浅漬け入り餃子の材料

  • ひき肉
  • はくさいの浅漬け
  • ネギ
  • ニラ
  • 調味料
  • 餃子の皮
  • 焼き油

白菜の浅漬け入り餃子の作り方

1)ボウルにひき肉を入れ、しっかりと練り上げる。

ポイント ひき肉だけを徹底的に練ること!ジューシーでうまみも染み込みやすくなります。

2)浅漬けは軽く水洗いして、軽く水気を絞り、粗みじん切りする。

ポイント 浅漬けの水洗いと絞りは軽く!うまみを残して!

3)ひき肉に浅漬けを加える。
4)みじん切りにしたネギと、みじん切りのニラなどを加えて、餃子のあんを作っていく。
5)このあんを餃子の皮で包み、普段どおりに焼き上げたら完成!

まとめ

白菜の浅漬け入り餃子についてまとめました!

キャベツの代わりに白菜の浅漬けを使うなんて、ビックリですね!

浅漬けを使うと…時短になる!
・水気を出すためにする工程「塩揉み」の必要が無し

うまみアップ!
・浅漬けは味付け済みなので、生の野菜を使うよりグーンと美味しくなる

さらに焼き方のコツを2つ!直伝してくれました。

餃子は『お湯を入れて』焼かないともったいない!!
・水を入れて蒸していると、水蒸気になるまでに皮が伸びて食感が悪くなる。

フライパンの直径より少し内側に餃子を並べないともったいない!!
・フライパンの周囲は熱が伝わりにくいので、真ん中の方で焼く!

ちょっとしたコツで、美味しい餃子ができそうですね!
餃子は美味しくて大好きなので、今度時間があるときに手づくりしてみようかな。

今回のヒルナンデス!では、アボカドを使った餃子のレシピも紹介されていますので、こちらもぜひご覧ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる