ひるおび!で【食べて乾燥対策レシピ】かぼちゃとツナの豆乳ポタージュの作り方を紹介!柴田真希さんのレシピ

2022年1月5日放送のひるおび!でかぼちゃとツナの豆乳ポタージュの作り方について紹介されました!

今回は乾燥肌対策のレシピです。
この季節は乾燥肌に悩まれている方も多いのではないでしょうか。

今回教えていただいたレシピは、朝から潤いチャージができるポタージュスープです♪

外からだけじゃなく、体の中から乾燥対策をおいしくしていきましょう!

教えてくれたのは管理栄養士の柴田真希さんです

Sponsored Links
目次

かぼちゃとツナの豆乳ポタージュのレシピ

かぼちゃとツナの豆乳ポタージュ(2人分)の材料

  • かぼちゃ:200g
  • ツナ缶(油漬け):1缶
  • 玉ねぎ:1/4個
  • まいたけ:1/2パック
  • バター:10g
  • 水:100ml
  • コンソメ:小さじ1
  • 味噌:小さじ1
  • 豆乳:200ml
  • 塩・黒こしょう:少々
  • 刻みパセリ:適量

かぼちゃとツナの豆乳ポタージュの作り方

1)玉ねぎを切ります。
2)まいたけを手でほぐして食べやすい大きさにします。
3)カボチャを切ります。

カボチャの効果
β-カロテンには、肌のターンオーバーを早めてくれる効果があります。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けてくれます。
ビタミンEには、抗酸化作用・肌の血行促進・ターンオーバーを促してくれます。
食物繊維には、デトックス作用があります。

4)鍋にバターを引きます。
5)玉ねぎ→まいたけの順に炒めます。
6)かぼちゃ・水・コンソメを入れて、約5分煮ます。
7)煮ている間に豆乳と味噌を混ぜ合わせておきます。

豆乳に含まれるたんぱく質はお肌を作理、ビタミンEは抗酸化作用があるのでお肌の調子を整えてくれます。

8)かぼちゃが柔らかくなっていることを確認したら、鍋のなかで潰します。
9)かぼちゃを潰したらツナ缶を入れます。

ツナ缶にはビタミンEが含まれており、肌の血行を促進し、ターンオーバーを促してくれます。

10)混ぜ合わせておいた豆乳味噌を入れます。
11)続けて塩・黒こしょうを入れます。
12)トロトロになるまで煮たら器にもります。
13)刻みパセリを散らしたら完成!

まとめ

かぼちゃとツナの豆乳ポタージュについてまとめました!

かぼちゃには本当にいい栄養素がたくさん含まれているんですね。
めちゃくちゃスペシャルな食材じゃないですか!

優しいかぼちゃの甘さの中に、ちょっとしょっぱさが感じられる濃厚なスープ。
しょっぱさはツナが効いているからなんですね。

朝から一杯飲むだけで、温まってお肌も潤うというのはこの時期にもってこいのレシピですね。

タンパク質がお肌を作ってくれるのは知りませんでした!
時間がない時はかぼちゃなしの豆乳ポタージュでもよさそうですね。

しっかりお肌の乾燥対策をおいしくしていきたいものです♪

今回のひるおび!では乾燥肌対策レシピをもう一品紹介してくれましたので、そちらもぜひご覧くださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる