相葉マナブで里芋もちの作り方を紹介!横浜市の里芋農家さんのレシピ

2021年11月14日放送の相葉マナブで里芋もちの作り方について紹介されました!

旬の産地ごはん~里芋~

神奈川県横浜市の里芋。
小ぶりでトロっととした食感が特徴です。

地元農家さんならではの里芋の絶品料理の数々。
教えてくれたのは横浜市の里芋農家さん。

北海道名物の「いももち」を里芋でアレンジしました。

Sponsored Links
目次

里芋もちのレシピ

里芋もちの材料(3個分)

  • 里芋:3~4個
  • 片栗粉:大さじ2
  • 牛乳:大さじ1
  • バター:5g

【合わせ調味料】

  • 水:50ml
  • 砂糖:大さじ1
  • しょうゆ:小さじ1
  • みりん:大さじ1

里芋もちの作り方

1)里芋は皮をむき、適当な大きさに切って耐熱ボウルに入れる。
2)軽くラップをかけて、600wの電子レンジで3分加熱して柔らかくする。
3)マッシャーでつぶして、片栗粉、牛乳を加えてよく混ぜる。

ポイント つぶした里芋に片栗粉を加えることにより、いももちの食感になる!

4)3等分にして、小判型に成形する。
5)フライパンを中火にかけ、バターを溶かして2分間焼く。さらに裏返して1分間焼く。
6)合わせ調味料を加えて、煮詰めながら絡めていく。
7)お皿に盛り付けて完成です。

まとめ

里芋もちについてまとめました!

ツヤツヤに照りが出たおいしそうな里芋のいももち。
作りたてを試食しました。

相葉さん

『うまーい!』

小峠さん

『里芋のねっとり感が合ってるよね』

澤部さん

『ああ、おいしい』
『片栗粉を入れただけで、もちっぽいね』

いももち、とってもおいしいですよね。
里芋で作るとおいしいとは知りませんでした。

バターの香りと、甘辛いタレが最高の一品です。

ぜひみなさんもご家庭で作ってみてくださいね!

本日は、里芋料理を5品ご紹介しました。
そちらも合わせてご覧くださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる