ヒルナンデス!でトマトチーズ麻婆丼の作り方を紹介!唐沢明さんのレシピ

2021年9月8日放送のヒルナンデス!でトマトチーズ麻婆丼の作り方について紹介されました!

今回は野菜対決!
今夜食べたいのはピーマン?トマト?

トマト大好き!毎日トマト3個を欠かさない!
そんなトマト博士のオススメ料理。

教えてくれたのは日本大学講師、学食研究家の唐沢明さん。
トマトに含まれるリコピンを、効率よくしっかりとることができるレシピです!

Sponsored Links
目次

トマトチーズ麻婆丼のレシピ

トマトチーズ麻婆丼の材料

  • 豚ひき肉:100g
  • 油:適量
  • ネギ(みじん切り):10cm
  • ザーサイ(みじん切り):小さじ1
  • すりおろしにんにく:小さじ1
  • すりおろししょうが:小さじ1
  • 豆板醤:小さじ½
  • 塩麹:小さじ1
  • トマト:1個
  • 木綿豆腐:1丁
  • スライスチーズ:1枚
  • ラー油:適量
  • ごはん:1膳

【合わせ調味料】

  • トマトピューレ:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ1
  • みそ:大さじ1

トマトチーズ麻婆丼の作り方

1)フライパンに油をひいて豚ひき肉を香ばしく炒める。
2)にんにく、しょうがを加え、みじん切りのネギ、ザーサイを炒めて豆板醤と塩麹で味付けする。
3)香りが出てきたら、角切りにしたトマトを加えてざっと炒め、合わせ調味料をくわえる。

ポイント ひき肉とトマトを調味料で炒めて「トマトみそ」を作る。

4)豆腐を丸ごと入れて、砕きながら火を通す。
5)スライスチーズをのせて、ラー油をかける。ご飯にのせたら完成。

まとめ

トマトチーズ麻婆丼についてまとめました!

唐沢さんによると、
トマトはうま味成分のグルタミン酸の含有量が多く、野菜の中でも第1位の多さ。

また、リコピンは加熱すると2~3倍に増える。
生食で食べるより、パスタやスープにした温かいトマトを食べる方が、リコピンはしっかり摂取できます。

「豚肉」×「トマト」はイノシン酸×グルタミン酸の相乗効果!
うま味も栄養も増えて、とっても相性の良い料理になります。

高橋ユウさんが試食。

『うんうん!おいしい!』
『ピリッと辛みがくるけど、トマト入っているのでさっぱりしていただけます』

ちょっと爽やかで、イタリアンみたいな一品になりました。
リコピンもグルタミン酸もしっかりとれる、やみつきになりそうな丼です!

ぜひご家庭でもお試しくださいね。

本日のヒルナンデス!で紹介されたその他のレシピは、こちらからご覧いただけます♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる