男子ごはんで国産生ハムのピンチョスの作り方を紹介!栗原心平さんのレシピ

2022年1月2日放送の男子ごはん 新春厳選食材スペシャル!で国産生ハムのピンチョスの作り方について紹介されました!

新年最初の放送は【日本全国の激ウマ厳選食材!新春90分SP】!
全国のお取り寄せできる食材とのことですよ♪

厳選食材は『国産生ハム はもんみなかみ』

教えてくれたのは栗原はるみさんの長男で料理家の栗原心平さんです。

Sponsored Links
目次

国産生ハムのピンチョスのレシピ

国産生ハムのピンチョスの材料

  • 国産生ハム はもんみなかみ:適量
  • バゲット:小1/2本
  • 黒オリーブ(種なし):適量
  • 塩漬け粒生こしょう:適量
  • オリーブ油:適量
  • チャービル:適量
  • バター:適量

国産生ハムのピンチョスの作り方

1)バゲットは1cmの厚さに切って、バターを塗ります。
2)黒オリーブは半分に切ります。
3)器にバゲットを並べて、生ハムをのせます。
4)黒オリーブ、チャービル、塩漬け粒生こしょうをお好みでのせて、全体にオリーブ油をかけて完成です。

まとめ

国産生ハムのピンチョスについてまとめました!

厳選食材は国分太一さんおすすめの群馬県の絶品食材『熟成国産生ハム はもんみなかみ』
まさに本場の味を超えた味と絶賛です。

なんと屋根裏に熟成中の生ハムがずらり!

生産者さんは

「日本の豚を使って海外の製法で作れば、よりおいしい生ハムが作れるのでは」

と思って作られたそうです。

主に麦を食べて育てられる、味が強くて油が滑らかな地元ブランド豚の『群馬麦豚』の足に、天然の海水塩をすり込んで塩抜きしてから12ヶ月以上熟成させて完成です。

さらにみなかみ町ならではの自然の風を利用して、春夏秋冬 自然の気候で作っていて、朝・夜の気温の寒暖差で生ハムの脂が溶けて固まって熟成が進むそうなんです。

めちゃくちゃおいしそうですよね♪

黒こしょうが好きという佐々木希さんは全部のせを堪能。

「こしょうとバターがまろやかにしてくれて、いろんな味を楽しめる。
真似して作ろう!」

国分太一さんも

「黒こしょうがいい」

とみなさんおいしそうに食べていました。

生ハムをバゲットにのせる事は思いつきませんでした。
これはぜひ今度機会があったらやってみたいですね。

使用された厳選食材はネットなどでお取り寄せできるそうなので、よろしければお試しください♪

今回の男子ごはんでは他にも厳選食材を使ったレシピを紹介していますので、そちらもぜひご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる