男子ごはんですきしゃぶ鍋の作り方を紹介!栗原心平さんのレシピ

2022年1月2日放送の男子ごはん 新春厳選食材スペシャル!ですきしゃぶ鍋の作り方について紹介されました!

新年最初の放送は【日本全国の激ウマ厳選食材!新春90分SP】!
全国のお取り寄せできる食材とのことですよ♪

厳選食材は『田子牛』と『三関せり』のふた品。

教えてくれたのは栗原はるみさんの長男で料理家の栗原心平さんです。

Sponsored Links
目次

すきしゃぶ鍋のレシピ

すきしゃぶ鍋の材料

  • 三関せり:2束
  • 田子牛肩ロース薄切り:200g
  • 田子牛サーロイン薄切り:200g
  • 鰹と昆布の合わせだし(濃いめ):1200cc

【a】

  • 薄口しょうゆ:大さじ3
  • 酒・みりん・はちみつ:各大さじ1.5
  • 塩:大さじ1
  • 黒こしょう:適量

すきしゃぶ鍋の作り方

1)三関せりの根本をよく洗って根っこを切り離します。
2)葉・茎を3等分にします。
3)鍋に合わせ出汁を入れて沸騰させます。
4)沸騰したら『a』を加えます。
5)せりの根っこを入れて煮ます。
6)続いてせりの葉・茎の部分を加えます。
7)田子牛をさっと煮て、せりとともに器にとって、黒こしょうをふって完成です。

シメの材料

  • 稲庭うどん:100g
  • 塩・黒こしょう:各適量
  • 白髪ねぎ:適量
  • すきしゃぶのスープ:適量

シメのの作り方

1)稲庭うどんを表示通りに茹でます。
2)茹で上がったら流水で洗って水気を切ります。
3)鍋の残りのスープを火にかけて、稲庭うどんを加えてひと煮立ちします。
4)味をみて塩、黒こしょうでととのえます。
白髪ねぎをのせて完成です。

まとめ

すきしゃぶ鍋についてまとめました!

厳選食材は『田子牛』と『三関せり』でした。

国分太一さんおすすめの『三関せり』は秋田の厳選食材で、江戸時代から作られている伝統野菜。
葉と茎が太く、長く伸びた根が白くしっかりしているのが特徴の三関せりは路地物とハウスで一年中収穫。

お鍋やしゃぶしゃぶもいいですが、食べ応えがある根っこを天ぷらにするのが生産者おすすめの食べ方だそうです。

栗原心平さんおすすめの『田子牛』は、幻のお肉!

なぜ幻の肉と呼ばれているかというと、A5・A4にランクされたお肉だけが『田子牛』と呼ばれていて、年間出荷頭数150頭くらいしかいないから。
その肉質は柔らかくて、脂身は多めなのに味はあっさりとしたおおいしさなんだそうですよ!

そんなふたつの厳選食材を使った『すきしゃぶ鍋』がおいしくないはずないですよね。

ゲストの小関さん。

「口の中が楽しい!」

と目を見張ってました。

しめの稲庭うどんには

「うまっ!白髪ネギの食感が合う」

と、とてもおいしそうに食べられていました。

寒い時期にはぴったりのレシピ!
ちょっと田子牛は手に入りにくいかもですが、みつ関せりはぜひ食べたいです。
使用された厳選食材はネットなどでお取り寄せできるそうなので、よろしければお試しくださいね♪

今回の男子ごはんでは他にも厳選食材を使ったレシピを紹介していますので、そちらもぜひご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる