世界一受けたい授業で発酵食品:水キムチの作り方を紹介!前橋健二さんのレシピ

2021年9月4日放送の世界一受けたい授業で発酵食品の水キムチの作り方について紹介されました!

今回の授業は「発酵食品」がテーマです。

今すぐ作れる発酵食品ベスト5!
3品目は、韓国の健康食「水キムチ」のレシピ伝授です。

お子様でも食べられる水キムチ。
便秘改善にも効果大!美肌にも期待できる一品です。

教えてくれたのは東京農業大学教授の前橋健二さんです。

Sponsored Links
目次

水キムチのレシピ

水キムチの材料

  • 米のとぎ汁:500ml
  • 塩:小さじ3
  • 砂糖:小さじ1
  • りんご:1/4個
  • しょうが:1/2片
  • 白菜:1/4個
  • にんじん:1/2本
  • きゅうり:1本

水キムチの作り方

1)りんごは皮つきのまま小さいスライス、しょうがも薄切りにしておく。
2)鍋に米のとぎ汁、塩、砂糖を入れて火にかけ、沸騰直前まで混ぜながら温める。
3)火を止めてこれを常温まで冷ましたら、りんごとしょうがを入れておいておく。

ポイント りんごの皮に含まれる乳酸菌が増えていきます!

4)白菜、にんじん、きゅうりを食べやすく切り、塩を混ぜてもみ、10分ほどおく。
5)野菜の水気を良く絞り、保存容器に入れ、3)をすべて注ぎ入れてフタをする。
6)直射日光の当たらない常温の場所で発酵させる。夏なら半日、冬は2日かかります。

ポイント 発酵がすすむと、瓶の中で泡が出てきます。

7)その後冷蔵庫に移して3日間追い発酵させたら完成。

まとめ

水キムチについてまとめました!

前橋先生によると、

「水キムチ」は米こうじを使わないで作る、野菜が持つ自然の乳酸菌を使う発酵食品。
米のとぎ汁で作るなんてビックリですね!

普通のキムチを作るのはもっと工程が多くて大変なのですが、この水キムチは比較的簡単にできます。

辛くない上に、乳酸菌が多く含まれていて健康的。
今注目の食品なんだそうです。
こちらは、要冷蔵で1週間ほどで食べきってください。

前橋先生オススメの食べ方!

【水キムチ冷麺】
・ゆでて冷やしたそうめんにのせるだけで完成です。

競泳選手、瀬戸大也さんの奥様、馬淵優佳さんが試食。

『おいしいです。夏にピッタリ』
『酸味があるけど、酸っぱすぎずにちょうどいい』

竹内涼真さんも、

『これが家で作れるならすごくいい!』

みなさん、とってもおいしそうにそうめんをすすっていましたよ。

ぜひご家庭で作ってみてくださいね!

今回の授業では他にもすぐ作れる発酵食品を紹介してくれましたので、ぜひそちらもご覧くださいませ♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる