世界一受けたい授業で発酵食品:甘酒の作り方を紹介!前橋健二さんのレシピ

2021年9月4日放送の世界一受けたい授業で発酵食品の甘酒の作り方について紹介されました!

今回の授業は「発酵食品」!
美肌にとても良いと言われる発酵食品について教わります。

今すぐ作れる発酵食品ベスト5!
1品目は「飲む点滴」と言われる「甘酒」の簡単な作り方。

教えてくれたのは東京農業大学教授の前橋健二さんです。

Sponsored Links
目次

甘酒のレシピ

甘酒の材料

  • 米こうじ:200g
  • 水:240ml

甘酒の作り方

1)鍋に水を入れ、60度まで温める。
2)米こうじを加えて弱火で65度まで温めたら、火をとめる。

ポイント 70度以上になっていまうと酵素が働かなくなるので注意!

3)鍋の中身をすべて魔法瓶に入れて、しっかりフタをする。
4)発酵が始まり、9時間後に完成!
5)お好みで2倍~3倍に薄めてめしあがれ。

まとめ

甘酒についてまとめました!

「米こうじ」とは、蒸した米とこうじ菌を発酵させたもの。
スーパーなどで手軽に手に入ります。

こうじ菌の働きで、お米のデンプンがブドウ糖に変化します。
これで、砂糖を入れないのに甘くなります。

作った甘酒は、冷蔵庫で3日位は保存可能とのこと。

疲労回復、便秘予防にも効果的な甘酒。
とっても簡単にできるので、私もたまに作ります。

薄めて飲むだけではなく、濃いまま冷たいスイーツとして食べるのも好きです。
凍らせればアイスになるし、ヨーグルトに混ぜたり、調味料として使うのもオススメ。

みなさんも、ぜひお試しくださいね!

今回の授業では他にもすぐ作れる発酵食品を紹介してくれましたので、ぜひそちらもご覧くださいませ♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる