世界一受けたい授業で発酵食品:ピスタチオ味噌の作り方を紹介!前橋健二さんのレシピ

2021年9月4日放送の世界一受けたい授業で発酵食品のピスタチオ味噌の作り方について紹介されました!

今回の授業は「発酵食品」の授業です。

今すぐ作れる発酵食品ベスト5!

前橋先生が作った中で一番おいしいと思っている食品。
「ピスタチオ味噌」をご紹介します。

なんと、大学の生徒さんが作ったレシピのようですよ。

教えてくれたのは東京農業大学教授の前橋健二さんです。

Sponsored Links
目次

ピスタチオ味噌のレシピ

ピスタチオ味噌の材料

  • 薄皮をむいたピスタチオ:300g
  • 米こうじ:400g
  • 塩:150ml

ピスタチオ味噌の作り方

1)ピスタチオはボウルに入れて水を注ぎ、半日つけておく。
2)鍋に移し、3時間ほどやわらかくなるまで煮る。
3)ザルにあけて水気を切り、マッシャーなどでよくつぶす。
4)米こうじと塩を加えて混ぜ合わせる。
5)しっかり混ぜたら、ジッパー付き保存袋に詰めてしっかり口をとじる。

ポイント 味噌は空気を嫌がるので、しっかり空気を抜いてください。

6)重しをのせて、直射日光が当たらない場所に2か月間置いたら、味噌の完成!

ポイント 発酵が進まなくなるので冷蔵庫には入れないで!

まとめ

ピスタチオ味噌についてまとめました!

味噌は普通大豆で作りますが、こちらはピスタチオで代用して作りました。
少し時間はかかりましたが、とっても美味しそうな味噌ができました。

スティックきゅうりにつけて、馬淵優佳さんが試食。

『コクがあって、これだけでバクバク食べられちゃいます。』

とっても良い色の味噌でした。
先生がイチオシする味噌ですから、ほんとうにおいしいんでしょうね。

味噌づくりはちょっと難しいと思っていましたが、なんだか挑戦できそう。
いつか自家製ピスタチオ味噌、ちょっと贅沢ですが作ってみようかな。

今日は番組で5つの発酵食品の作り方が紹介されました。

流行りの発酵食で目指せ美肌!腸活でキレイに!
私もブームにのって、ぜひ試してみようと思います!

今回の授業では他にもすぐ作れる発酵食品を紹介してくれましたので、ぜひそちらもご覧くださいませ♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる