ヒルナンデス!でエビの卵とじイタリアン丼の作り方を紹介!渥美まゆ美さんのレシピ

2021年10月20日放送のヒルナンデス!でエビの卵とじイタリアン丼の作り方について紹介されました!

今晩食べたいのは「イカ」?「エビ」?

管理栄養士オススメ。
エビの栄養満点健康レシピ!

教えてくれたのは健康レシピのプロ、渥美まゆ美さんです。

Sponsored Links
目次

エビの卵とじイタリアン丼のレシピ

エビの卵とじイタリアン丼の材料(2人分)

  • 卵:4個
  • 牛乳:50ml
  • 塩こしょう:少々
  • ピザ用チーズ:40g
  • むきエビ:160g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • にんにくチューブ:小さじ1
  • コンソメ顆粒:小さじ½
  • ミニトマト:6個
  • ブロッコリー(冷凍):6個
  • 酒:大さじ½
  • ご飯:お茶碗2杯分

エビの卵とじイタリアン丼の作り方

1)ボウルに卵、牛乳、塩こしょうを入れてかき混ぜ、さらにピザ用チーズを入れてよく混ぜる。

ポイント チーズでうま味成分とカルシウムをプラス!

2)フライパンにオリーブオイルをひいて中火で熱し、エビ、にんにく、コンソメを炒める。
3)エビが赤くなってきたら、冷凍ブロックリー、ミニトマト、酒を加えてフタをする。弱火で1分間蒸し焼きにする。

ポイント お酒を入れる。エビの臭み消し&プリプリ食感に!

4)蒸し終わったらフタをとって強火にし、1)の卵液を流し入れる。
5)ヘラを使って大きくかき混ぜるようにして、ふんわりしてきたら火を止める。

ポイント 加熱しすぎないように、フワフワに仕上げる!

6)器にご飯を盛り、上にたっぷりのせて完成。

まとめ

エビの卵とじイタリアン丼についてまとめました!

渥美さんによると、

「エビ」はヘルシーで高たんぱく。
やわらかい食感からかたい食感まで、色々なプリプリ感を楽しめるのが特徴。

冷凍ブロックリーや、カット不要のミニトマトで時短調理。
「ビタミン」「ミネラル」の栄養がしっかりとれる丼です。

宇宙飛行士の野口聡一さんが試食しました。

『うーん、これほんとにおいしい』
『エビのプリプリ感が良いですね』
『彩りがよくて幸せな気分になれる』

とってもおいしそうでした。
彩りもよくて、栄養もバッチリな丼、ぜひ作ってみようと思いました。

「イカ」と「エビ」の対決!

視聴者さんの投票結果、
今晩食べたい食材に選ばれたのは「エビ」でした!!

本日のヒルナンデスでは、「イカ」と「エビ」合わせて6品のオススメレシピをご紹介しました。
こちらもぜひご覧になってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる