ヒルナンデスでカボチャのパリパリフライの作り方を紹介!時短クイーン長田知恵さんのレシピ

2021年10月13日放送のヒルナンデスでカボチャのパリパリフライの作り方について紹介されました!

今夜食べたいのは「さつまいも」?「カボチャ」?

やみつきになること間違いなし!
時短ワザが満載!パリパリのカボチャフライを伝授。

教えてくれたのはカリスマ主婦、時短クイーンこと長田知恵さんです。

Sponsored Links
目次

カボチャのパリパリフライのレシピ

カボチャのパリパリフライの材料

  • カボチャ:150g
  • 豚バラ薄切り肉:6枚
  • 塩こしょう:少々
  • スライスアーモンド:適量
  • サラダ油:適量
  • 水:大さじ2 ½
  • マヨネーズ:大さじ2
  • 薄力粉:大さじ4

カボチャのパリパリフライの作り方

1)カボチャをラップに包み、電子レンジ600wで1分加熱。1cm幅に切る。

ポイント 電子レンジで熱を加えると皮も柔らかくなる。

2)豚バラ肉は半分の長さに切って塩こしょうをふり、カボチャに巻き付ける。

ポイント 巻いた豚肉をギュッと手で握るとはがれない!

3)水、マヨネーズ、薄力粉を混ぜたものをくぐらせ、スライスアーモンドをまぶす。

ポイント 通常のバッター液は卵ですが、マヨネーズで軽くなりサクサクに!

4)フライパンに油を5mmの深さまで入れ、弱火で片面2分半ずつ揚げ焼きする。

ポイント カボチャはゆっくり火を通すと、デンプンが糖に代わりしっとりする!

5)両面こんがり揚がったら完成です。

まとめ

カボチャのパリパリフライについてまとめました!

長田さんによると

「カボチャ」は、
むくみ予防の「カリウム」、免疫力アップの「β-カロテン」が多く含まれている。
「食物繊維」豊富でお通じに良く、「ビタミンE」も豊富なのでお肌にも良い。
栄養、美容、どちらの面についても、とても優れている食材です。

「カボチャ」×「豚肉」で吸収力UP!
カボチャの栄養は油に溶けやすいです。

「アーモンド」には、
美容に良い抗酸化作用、アンチエイジング効果があります。

和牛のお二人が試食。

『うーん、めちゃくちゃうまいです』
『おいしんじ!非常においしいです』

口に入れるごとにパリパリ、サクサクとっても良い音がしましたよ。
肉で巻いているので、おかず感が増してとってもおいしそうでした。

みなさんもぜひご家庭で作ってみてくださいね。

「カボチャ」と「サツマイモ」の対決!

視聴者さんの投票結果、
今晩食べたい食材に選ばれたのは「サツマイモ」でした!!

本日のヒルナンデスでは、合わせて7品のオススメレシピをご紹介しました。
ぜひご覧になってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる